flatohoku Inc.

485968_551769388168942_507374111_n

もじもじ農家妻とつくる、さつまいもジャムづくり(まちフェス2013)

主な活動内容

【2011年】


4月:『任意団体ふらっとーほく創設・活動開始』
東日本大震災で被害を受けた宮城県南部地域において、宮城県南部出身者を中心として「地元をなんとかしたい」という想いから活動を開始

4月:『温泉宿に泊まって、ボランティア事業を開始』(同年7月まで)
地震被災地の温泉街(宮城県蔵王町遠刈田温泉)の観光宿泊客増加と、津波被災地(宮城県亘理郡亘理町、山元町及びその周辺地域)へのボランティア派遣者増加の両立を目指す。日本内外から延べ800 名以上の参加。

7月:『株式会社クレアン・株式会社巡の環と共同による企業と被災地を繋ぐツアー事業の開始』
本事業がきっかけとなり、2015年11日現在まで述べ41社2,076名の企業人材の研修コーディネートを行う。主なプログラムに「国連GC-JN研修プログラム」、「株式会社サントリー労働組合五感塾」、「三井住友銀行親子研修」など。

10月:『わたりグリーンベルトプロジェクト開始』
亘理町の海岸防災林と、農地一体を、地域住民や地元小中高校、企業ボランティアが一丸となって、計画・管理するまちづくりプロジェクト。述べ2,000人以上、地元小中高校7校、55,000㎡以上の海岸林やいぐねの植栽と管理を実施。

12月:『経済産業省ソーシャル・ビジネスノウハウ支援事業支援先に選定』
「地域資源を活用した体験プログラム開発(まちフェス)事業」を開始。講師に川北秀人(IIHOE)、野上泰男(社団法人別府ハットウ・オンパク)ほか、延べ70名の事業者や住民へワークショップを実施。

【2012年】


1月:『一般社団法人ふらっと―ほく設立総会』
今後の継続的な地域づくりの支援活動を目指して、一般社団法人化。

2月:『総務省平成24 年度「緑の分権改革」実証調査事業に選出』
宮城県亘理町から、総務省平成24 年度「緑の分権改革」実証調査事業受託し、沿岸部海岸林再生の調査事業を開始。

9月:『亘理町にて沿岸部海岸林の基本構想書策定ワークショップを5回実施し、沿岸部海岸林と農地のマスタープランを作成』

【2013年】


1月:『まちフェス〜伊達ルネッサンス〜を開催』
亘理町・山元町・新地町のNPOや市民団体、住民と連携し、地域づくりや地域でのチャレンジの裾野を広げるる取り組み。述べ90人の達人(※地域で得意技を持っていてチャレンジしたい住民)による地域体験のプログラムを実施、800名以上が体験に参加し、45人以上の若者コーディネーターが活躍した。

9月:『まちフェス〜伊達ルネッサンス〜第2回を開催』

【2014年】


1月:『まちフェス〜伊達ルネッサンス〜第3回を開催』

2月:『わたりグリーンベルトプロジェクトのNPO法人化支援』
同プロジェクトは2015年2月に法人化完了し、事業分割を行う。

4月:『地域プロデューサー人材育成事業伊達ルネッサンス塾開講』
20-30代向けの「地域をよくしたい」と想いをもった若者たちが半年間かけ、地域と自分の活動をつなげる「マイプラン」を作成し、県南広域(及び福島県県北)でネットワークを広げる取り組み。述べ18 名の塾生が県南広域で学びながら、塾生同士でチャレンジをサポートしあう。塾生のプラン実施には、延べ420名以上が参加・協力している。

8月:『宮城県南地域の住民による中間支援機能拡充のための調査、伴奏型支援事業の実施』
NPOや住民によるネットワーク会議「山元の未来への種まき会議」「亘理ネットワーク」事務局の伴走型支援、各地域団体へのヒアリング調査、研修事業のコーディネート等を行う。

【2015年】


4月:『第2期伊達ルネッサンス塾開講』
気仙沼市震災復興・企画部 の事業として横展開し、「ぬま大学」も開催し、塾生延べ30名が学びながらアクションを行う。

6月:『亘理山元商工会からの委託事業事業 新商店街活性化事業、体験ツアー事業の運営を開始』

11月:『島根県雲南市への合同視察研修の実施』
みやぎ連携復興センター、せんだいみやぎNPOセンター職員と合同。全国8ヶ所の地域プロデューサー人材育成塾のネットワークを構築するための全国塾サミットに登壇

【2016年】


6月:『第3期伊達ルネッサンス塾開講』

11月:認定NPO法人カタリバと協働で、東北を中心とした高校生および大学生の山元・亘理ツアーを開催